相続税の課税方式や差し引くもの

相続税は本来の相続財産とみなし財産を加えて、その上で非課税財産と債務とか葬式費用などを差し引くことができます。そして課税評価額の合計から基礎控除を引くということになります。基礎控除は3千万円に法定相続人一人に対して600万円となります。

つまりは、この金額範囲内であれば非課税で相続をすることが可能になっているわけです。では申告に関してはこの範囲内であれば問題なくやらなくても良いのかということなのですが、その他の様々な非課税の枠を利用しているということがありましたらこれは自己申告しなければならないということになっています。

日本の税制を全体に言えることなのですが、基本的に様々な控除があるのですがそもそも自己申告ということになりますのでその時に適用される控除のことを知って申告しないと適用されないということがあります。相続申告をしないといけない状況である、ということも自分で判断して行う必要があるので納税義務があることをわかっていない人などもいたりします。

Filed under: 相続税