遺贈って何?遺贈でも相続税の納税義務はある?

遺贈されると贈与税ではなく相続税の支払い義務が発生します。
「そもそも遺贈って何?」
という方も多いと思います。
ここでは、相続と遺贈の違いや種類、遺贈の放棄について紹介します。

相続と遺贈の違い

「相続」という言葉は、枚方で執り行う葬儀に参列するような、法定相続人にしか使えません。
一方、「遺贈」は法定相続人にも、それ以外の人にも使える言葉です。

法定相続人以外の人に遺産を譲りたい時は、遺言書に「誰に何を遺贈する」と明記することで遺産を譲ることができます。
遺贈された時の相続税は「2割加算」となり、通常よりも高くなるので注意しましょう。

遺贈の種類

遺贈には包括遺贈と特定遺贈の二種類がありますので、それぞれ紹介します。

包括遺贈

包括遺贈は財産を割合で贈与することです。
法定相続人と同様に「誰に相続財産の何分の1を遺贈する」と遺言書に記載します。

包括遺贈の場合
・遺産分割協議にも必ず出席
・プラスの財産とマイナスの財産の両方を譲与
と、法定相続人と同等の立場になります。

特定遺贈

特定遺贈は特定のものを贈与することです。
不動産や現金など、特定のものを指定して「誰に何を遺贈する」と遺言書に記載します。
遺言書に記載がない限り、遺産分割協議に出席する必要はなく、マイナスの財産を譲与することもありません。

法定相続人以外の人が遺産分割協議に出席することは、遺産相続のトラブルになりやすいです。