相続税納税に対しての税務調査

相続税の税務調査なのですが提出された相続税の申告内容を検討した上で銀行や証券会社への照会などを行うのが税務署としては可能になっています。相続税の実地調査に関しては100%行われるというわけではないのですが被相続人の過去の経歴とか収入なども含めた、これまでに申告されてきていた納税金額などから考えても明らかに申告された財産が少なすぎる場合において税務署が把握している資料から逆算して判断するということもあります。それで調査が実施されるということになるわけです。

相続税に限ったことではないのですが日本の税制というのは基本的に申告制度をとっています。そのため知らなかったということで許されるようなことでもありませんし、相続税というのは人によって様々な控除もあるわけですがそれも申告してこそ意味があるということになりますので、知っているからこそ様々な控除を受けられるというのも相続税という制度になりますので注意しておきましょう。

Filed under: 相続税