相続税の金額を知るための方法

相続税がいくらかかるのかを知るためには、遺産総額と、法定相続人の数を把握する必要があります。「遺産総額」は、相続時に発生した財産的な価値のあるすべてのものであり、現金や預金をはじめ、土地や株式などの資産がそれに該当すると言えるでしょう。

また場合によっては、生命保険や死亡退職金がその対象になることもあります。次に「法定相続人の数」は、被相続人(亡くなった方)に家族がいる場合は、その配偶者と子供がそれに該当することになるでしょう。実際の相続税の金額を算出するためには、遺産総額から基礎控除の額を差し引いたり、税率を掛けたりといった複雑な計算をする必要があります。

しかしネット上に掲載されている相続税早見表などを見れば、大まかな金額が分かりますし、同じくネット上にある計算シミュレーションソフトを使えばさらに正確な金額を算出することも可能です。早見表を見ると、例えば遺産総額が1億円で、相続人が配偶者と子供2人の場合であれば、相続税は315万円かかることが分かります。

Filed under: 相続税