相続税に関するポイント

相続税というのは遺産相続で得ることができた遺産について税金がかかるということに名前の通りなるわけですが、何も額面にそのまま課税されるということではないことはあり、例えば特定の財産においては相続税控除があったりします。配偶者の控除であったり、生命保険の場合の控除であったりします。

住宅を相続するということであっても居住している住宅であるのかということや賃貸住宅であるのかということでもだいぶ評価が変わってくるということがありますので、そこで相続税の対策になったりするということもあります。また相続税の申告と納付というのもしなければならないことでもあります。

税務署などからあなたはこの財産とこの財産を相続したので相続税はいくらですというような通知がくるわけではなく、自分で申告をするという必要性があるわけです。自己申告をするということが日本の税金制度になります。これは相続税であろうとも同じことになります。

Filed under: 相続税