相続税の評価などに関して

相続税に関わる深刻というのは10ヶ月以内に被相続人の所在地の税務署に届出をするということになっています。これは相続人が行うことになります。国が行ってくれたりとかやらなければいけないですよというような通知を出してくれるわけではありませんので注意しておきましょう。その際に色々と必要になってくるというものがあるのですがまず間違いなく被相続人の出生から死亡に至るまでの途切れることのない戸籍謄本というのが必要になります。これで誰が相続をするのかという確認がされるということがあるわけです。

相続税ですが財産を評価されて控除額以上であればそのぶんを申告して納税するという形になります。財産は時価で評価してもらうことになります。相続及び以上で取得した財産の評価はそれぞれの財産の現場に応じて不特定多数の当事者間で自由な取引が行われる場合において評価される金額というもので評価されるわけです。難しい言い回しではありますが要するにその時の市場価格となるわけです。これで相続税の評価額が決まります。

Filed under: 相続税