海外にある財産も相続税を課税されるのか

相続財産の時に海外にある財産にも税金はかかるのか、という疑問があることでしょう。相続人の住所が日本にある場合には海外で運用されている資産であろうとも納税義務者となります。海外に日本における相続税のようものがあり、それによってそちらでも税金が課せられているという状況であれば控除してもらうという事は出来るようになっています。相続税の面白いところあるいは難しいところとしてあるのが、そうした部分になります。

海外にある財産もしっかりと申告をする必要性があるわけですが、そのときには様々な証明をすることが必須です。相続財産というのは受け取り方とかその財産の属性などによっても様々な控除を受けたりということができたりするわけですがそれは知っていてこそ、初めて適用することが可能なものということになりますので、どのようなやり方で相続をした時にどのような控除が受けられるのかというのは知っておきましょう。現金よりも生命保険で受け取った方が得とかそういうことです。

Filed under: 相続税