相続税っていくらから支払う必要があるの?

誰かが亡くなって、もしあなたが相続人となり、遺産を受け継いだ場合、相続税を支払う必要があります。

ですが、金額が少ない場合は、支払う必要がない場合もあります。

では、いったいいくらぐらいの遺産を受け継いだら相続税がかかってくるのでしょうか。

相続税は、課税価格の合計金額が「基礎控除額」を超えた場合にかかることになります。

では、基礎控除額とはどういったものになるのでしょうか。

基礎控除額は、相続人の人数によって変わります。

計算式は、「基礎控除額=3000万円+600万円×法定相続人の人数」となります。

ですので、もしも法定相続人が一人なら3600万円が基礎控除額になり、二人なら4200万円となります。

この基礎控除額より課税価格の合計金額が超えるならば、相続税の申告が必要になるのです。

また、相続税の申告が必要な場合、管轄の税務署で申告書を提出する必要があります。

日本では申告納税制度が取られていますので、申告義務のある者は自ら申し出て申告する必要があるのです。

Filed under: 相続税