相続税として課税対象財産を知る

相続税がどのような形で課せられるのかということですが当然ですが評価されるべき財産というものが決められており、金銭的にその価値があるのであれば例えば美術品などもきっちりと相続税の対象になるというのを覚えておきましょう。逆にそれなりに価値はあるにしても非課税と決められているものがあったりします。

それがお墓とか仏具といった祭祀財産と呼ばれるものであり、これは財産ではあるのですが課税の対象とはならないと明確に決められているので安心して受け継ぐことができるようになっています。ここで注意しておきたいのが受け継いだ財産を使って祭祀のためにお墓とか仏具を購入したという場合においては別に控除されたりということがないということです。あくまで最初に受け継ぐ段階で持っていなければ当然それを購入するための現金などに対しては、課税されるということになりますので注意しておいて相続税対策としてお墓を買うなどのことは事前にやっておくようにしましょう。

Filed under: 相続税